競馬を知る【初心者向け】

3連複で回収率、的中率を上げる買い方【競馬歴3年未満の方必見】

3連複軸1頭流し馬券

様々な馬券の種類がある中で、最も回収率と的中率が望める馬券は、何でしょうか?

3連単?
陽猿(ようエン)
陽猿(ようエン)
やはり、単勝でしょうか?
しょうご
しょうご

日々馬券を購入している人であれば、誰もが抱える悩みだと思います。

的中率だけを考慮するのであれば、間違いなく「複勝」が最も適した馬券です。

豊富な資金がある人は、とにかく掛け金を増やして、

「複勝」で人気馬の馬券を購入するのが、もっとも効率よく稼ぐ事が出来る方法だと思います。

しかし、多くの馬券購入者には、1日や1レースの購入金額に限度があります。

そこで今回紹介する馬券が「3連複」です。

回収率と的中率の両方を満たす事が可能なのが、この「3連複」だと私は考えます。

今回は少ない資金で、効率的に回収率と的中率を上げる可能性が高い3連複馬券の買い方を紹介いたします。

この記事は、私が担当いたします。

3連複で回収率、的中率を上げるオススメの買い方

最初に、3連複のオススメの買い方を紹介しましょう。

それは

「◎軸1頭流しの相手6頭(〇、▲、△、△、△、△)の計15点」

これが個人的にオススメしている3連複の買い方です。

こんな馬券です。これ、ボクのハズレ馬券ですけどw
陽猿(ようエン)
陽猿(ようエン)
3連複馬券

3連複軸1頭流し馬券を推奨する理由。

この買い方を推奨する理由は、

少ない点数で上位人気馬と穴馬を買い目に入れる事が可能だからです。

馬券で儲けるには、2つの方法があります。

一つは、

1頭の人気馬に多くの掛け金を集めて配当金を増やす買い方

上位人気に支持される馬は実績があったり良血馬だったりと好走する条件が

整っている事が多いです。

近年の競馬ファンは見る目が非常に高いので、上位人気馬の信頼度も高くなっています。

そのような馬で儲けるためには、低い配当でもしっかりと賭け金を増やす事です。

単勝2倍の馬に10万円を賭けるだけで、当たれば20万円となり、儲けは10万円になります。

残念ながら、このみなぎさんが買ったショコラブラン’(単勝2.2倍)は、2着でした・・・
陽猿(ようエン)
陽猿(ようエン)


複勝でも1.5倍の馬に10万円を掛けて当たれば+5万円となります。

このように豊富な資金力で確実に儲けを得る人は存在しますが、

大半の方は外れた時のリスクを考えると、なかなか勝負する事は出来ないのではないでしょうか。

資金力がなくても、穴馬を見つけて、万馬券を的中させるのが、3連複なら可能。

お財布と三千円

では豊富な資金が無い人は、競馬で儲ける事は不可能なのか?

そんなことは全くないと思っています。

世の中には資金力が無くても馬券で儲かっている人は、多数存在します。

この人たちが実践している買い方が、もう一つの方法です。

それは、

穴馬を見つけて万馬券を的中させる方法です。

万馬券の出現は、確率的には低いから万馬券になるのですが、

世の中の馬券師の中には

荒れるレースを見極めて高配当を当てている人達が多数います。

ですが、荒れるレースを事前に見極めて購入する事は非常に難しいです。

3連複は、少点数で荒れた場合でもカバーできる馬券。

ここで大事になってくるのは、

荒れた時に少しでも期待出来る買い方をしている事ではないでしょうか。

荒れる前提の競馬予想ではなく、荒れることも視野に入れた競馬予想スタイルが大事だと考えます。

軸馬が外れるとどうしようもありませんが、買い目の相手に人気馬も穴馬も少ない点数で

買い目に入れる事が可能なのが、今回オススメしている3連複の買い方です。

この買い方は、軸馬さえ失敗しなければかなりの確率で

的中率や回収率を上げる事が可能な買い方になっています。

3連複軸1頭流し馬券は、

  • 上位人気馬を軸馬にすることで的中率を確保できる。
  • 穴馬を入れることで荒れた場合は、回収率の向上が見込める。

買い方だと考えています。

競馬は、人気馬が勝つ場合もあれば、惨敗するケースもあります。

どちらに転んでも馬券が当たる可能性を残す買い方こそが、

最も効率的で賢い馬券の購入方法ではないでしょうか。

3連複は3連単よりも儲かる?配当金は×6になるとは限らない。

競馬で儲かるためには、万馬券を当てる事が大事です。

馬券の種類の中で、最も高配当が期待できる馬券は3連単です。(WIN5除く)

ですが、個人的に3連単はオススメしません。

3連複と3連単の配当バランスの問題。

それはなぜか?

理由は、3連単と3連複の点数と配当金のバランスの問題です。

先ほど紹介した3連複の買い方(軸1頭の相手6頭)を、もし3連単で購入すると計90点になります。

(3連単軸1頭のマルチ買い)

ともに1点100円で購入すると、2つの購入金額は3連複が計1,500円、3連単は計9,000円が購入金額となります。

当然、購入金額が6倍も違うのであれば、配当金も6倍の差があるべきです。

ですが多くのレースではこのような事は起こりにくいのが実態です。

ひとつ参考レースをご紹介しましょう。

今年行われた桜花賞の配当金を確認してみましょう。

このレースは、1着デアリングタクト(2番人気)、2着レシステンシア(1番人気)、3着スマイルカナ(9番人気)

配当金は、3連複で12,590円、3連単で47,760円でした。

3連単は、1着が上位人気だと配当が低くなる。

桜花賞では、3連単の配当金は3連複の4倍もありませんでした。

この理由は、1着・2着が上位人気で決まったからです。

もし、9番人気のスマイルカナが1着であれば、3連単の配当は約13万円だったので、

人気薄が上位着順の場合は、3連単の方に妙味があると言えます。

しかし、軸馬を1番人気レシステンシアにした場合、3連単マルチは非常に効率の悪い買い方になるのです。

1番人気が1着の場合は、配当が低いという理由が

3連複の方に妙味がある理由の一つです。

では、マルチ馬券ではなく、1着固定で購入した場合はどうなんだ?という意見も出るかもしれませんが、

1着固定により点数を抑える事は可能ですが、その分、的中率は低くなってしまいます。

ある程度の的中率もカバーしたいため、人気馬を軸にする場合は、3連複の流し馬券をオススメしています。

3連複での軸馬の選び方

では軸馬の選び方を一つ紹介します。

あくまでも個人的な考えですので、参考程度にしてください。

[st-mybox title=”3連複での軸馬の選び方” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”” borderwidth=”3″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#757575″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under st-list-check” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 1番人気は選ばない
  • 2~5番人気の中から複勝率が最も高い馬を選ぶ

[/st-mybox]

軸馬は、このようにして決めます。

3連複では1番人気を軸馬にしない。

ここで大事なのは、最初に書いた

1番人気を軸にしないです。

これは、的中率よりも回収率を上げるためには必要な事です。

当然1番人気が3着以内に入る確率も高いですが、配当も低くなります。

相手には当然抑えるべき存在ですが、

軸馬は、1番人気以外の上位人気馬から狙うのが

的中率だけでなく、回収率を狙うのに必要な考えです。

人気薄の馬を軸馬にする時は、相手を手広く抑える。

また、人気薄の馬を軸馬にしたい場合もあるでしょう。

そのような、人気薄の馬を軸にする場合は、相手を手広く抑えましょう。

もう1頭増やして、21点にしてもいいです。

もし人気薄の軸馬が3着以内に残って、相手が抜けて馬券が外れると非常に悔しいですから。

3連単はオススメしないと書いている私ですが、

人気薄の馬を軸馬にする場合は、1着や2着付けの3連単もボーナス馬券として購入する時があります。

これは4番人気以下の馬を軸馬にする場合「のみ」購入すると、自分でルール化しています。

3連複で回収率、的中率を上げるための考察まとめ

いかかでしたでしょうか。

今回は、3連複のオススメの買い方をひとつご紹介させて頂きました。

では改めて、この3連複の買い方をまとめさせていただくと以下になります。

  • 買い方は、軸1頭流し相手6頭の15点。
  • 軸馬は、1番人気以外から選ぶ。
  • 軸馬は、2番人気~5番人気の中から。
  • 人気薄の馬を軸馬にする時は、相手を手広く抑える。
  • 時には、ボーナス馬券の3連単を買うのもOK。
  • 購入のルールを守る。

今の私は、馬券の買い方は、この3連複軸1頭流しに徹底し、

ルールを決めて限度額の範囲内で楽しんでいます。

 

今回ご紹介させて頂いたのは、あくまでも参考程度にしてください。

馬券は、自己責任でお願いいたします。

馬券の買い方には100人いれば、100通りの買い方があると思っています。

様々な馬券を購入して自分に合った馬券の買い方を是非とも見つけて下さい。

皆さんも自分だけのルールを決めて、楽しい馬券生活を過ごしましょう。

RELATED POST