競馬で儲けたい

競馬は、レースの選び方で収支が変わる!?レースを厳選する3つのポイントを解説。

競馬はレース選択がカギ

あなたは、馬券を購入する時のマイルールがありますか?

独自のマイルールで予想し、馬券購入する人は多いと思われます。

馬の選び方、ヒモ馬の選び方、馬を選ぶベース、はたまた、馬券購入前に行うルーティンやゲン担ぎなどなど。

陽猿(ようエン)
陽猿(ようエン)
ボクの知り合いに、競馬の前は、カレーを食べるというイチ〇ーのような人もいます。

マイルールには、競馬予想を行う上で、様々な要素が取り込まれますが、今回紹介したい、購入するレースの選び方も、馬券収支を上げる際に重要な要素です。

中央競馬は、悪天候など、よほどのことがない限り、毎週土・日に開催されます。

競馬は一つの競馬場で、1日12レースが開催されます。

時期によって変わりますが、毎週2場か3場での同日開催されるので、中央競馬は、一日で24レース、もしくは36レースが施行されることとなります。

競馬ファンは、開催される全てのレースに手を出す人もいれば、メインレースのみに手を出す人もいますし、1つか2つのレースだけ購入する人もいます。

どの買い方が一番ベストなのかは、人によって様々ですが、レースの選び方は、馬券収支に多大な影響を及ぼします。

ここでは、馬券収支を向上させる際に大切なレースの選び方について、考察していきます。

レースの選び方は、厳選すべき。

馬券を購入する際、どのようなレースを選択するかは、人によって様々です。

選択の写真

例えば、年に一回開催される有馬記念だけ購入するという方は、有馬記念のみ馬券を購入するでしょう。

収支を考えるなら全レースで勝負とか、メインレースだけ勝負という考えは改めて、レースを厳選すべき。

重賞レースのみに手を出すという方もいますし、開催される全てのレースに手を出す人もいます。

重賞レースとは?

有馬記念や日本ダービー、ジャパンカップなど有名なG1レースの他にも、G2レース、G3レースなど、土曜日・日曜日のメインレース(第11レース)に実施されるグレードの高いレースです。

好きなレースを購入するのも競馬の楽しみ方の一つなので、そこは否定はしません。

陽猿(ようエン)
陽猿(ようエン)
その気持ち、すごくわかる・・・

しかし、馬券で収支を上げることを第一に考えているのであれば、

全レースを購入することや、メインレースだけ購入するといった考え方は改めたほうが良い

でしょう。

陽猿(ようエン)
陽猿(ようエン)
そ、そうですか・・・(^^;

なぜなら、レースは出走馬に応じて、予想しやすいレースもあれば、予想の難しいレースもあるからです。

馬券で収支を上げる際、最初に、

全て・・・、いや、全てとは言いませんが、ある程度のレースにふるいをかけて、予想しやすいレースを厳選することから始めたほうがよいのです。

そのため、レースを厳選せず、全レースを購入したり、メインレースのみ購入する買い方は、お勧めできないのです。

馬券は、的中することよりも外れる確率のほうが圧倒的に高いから、レースは厳選すべき。

そもそも、

馬券は的中することよりも外れる確率のほうが圧倒的に高いです。

馬券の種類の中で、最も的中率の高い複勝馬券でさえ、フルゲート18頭のレースにおいては3/18、つまり、6分の1の確率でしか的中率はないのです。

競馬の発走(ゲート開放)

多くの人が好んで購入する3連複や3連単は、複勝とは比べ物にならないほど、的中率は低く、まさに二階から目薬です。

そのため、多くの人は、多点買いで馬券を購入したりすることで、少しでも的中率を上げるような工夫をしています。

的中率を上げるためのレースの選び方【3つの例】

的中率を上げる方法のひとつに、レースの選び方があるのですが、レース選択をしっかり行うことで、間違いなく馬券の的中率を上げることができるのです。

少しでも予想しやすいレースを探す。

まずは、基本として、自分で予想しやすいレースを探すことが大切です。

競馬予想とは、馬券に絡む馬を探すことですから、予想しやすいレースとは、馬券に絡む馬を比較的容易に見つけ出すことができるレースといえます。

予想しやすいレースとは、例えば、確実に馬券に絡むであろう馬がいたり、

競馬のパドック

絶対に絡まない馬がはっきりしているレースを指します。

競馬新聞やネットの出馬表には、レースに出走する馬の情報が記された馬柱が必ず掲載されているため、馬柱をよく読んで、明らかに馬券に絡む馬を探し出すことが大切になるのです。

レースを厳選するためには、馬柱をしっかりと読み解く必要があります。


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

まずは、馬柱と睨めっこして、馬券に絡むであろう馬をはっきりと見出すことが大切になります。

難しいレースには手を出さない。

上記に類似していますが、難しいレースには手を出さないことが大切です。

わかりますか?の絵

馬柱を徹底的に分析した結果、馬券に絡みそうな馬が多数見つかった場合、もしくは、いくら馬柱を読み取っても、どの馬が馬券に絡むのか、一向に分からないレースも中には存在します。

陽猿(ようエン)
陽猿(ようエン)
そういうレースも手を出してしまうな~

そのようなレースは、出走馬のレベルが拮抗していて、どの馬が勝ってもおかしくないレースといえるでしょう。

いわゆる予想の難しいレースと言えるのですが、回収率を落とさない有効な方法の一つとして、

難しいレースの馬券を買わないことです。

馬券収支を上げるために、レースを買わないことは立派な戦略です。

馬券の投資金は有限ですから、確実に投資できるレースに投資し、投資する値があるか微妙なレースは、見限ったほうがよいのです。

メインレースにこだわらない。

ほとんどのメインレースは第11レース、時間帯でいうと15時25分~45分の間に開催されることがほとんどです。

メインレースは、一日のレースの中でも、最も賞金やグレードが高く設定されており、出走メンバーも華があります。

競馬のメインレース

春や秋に頻繁に開催されるG1レースも、メインレースに当てはまり、テレビや新聞などのメディアも大々的に報じ、Twitterなども多くのツイートがあることから、メインレースのみを購入する人も多くいます。

もちろん、メインレースだけを購入するのも競馬の楽しみ方の一種です。

しかし、投資的感覚で競馬をするのであれば、メインレースだけで収支を上げるのは非常に難しいです。

なぜなら、それまで勝ちあがってきた強い馬同士でレースが組まれるので、

クラスが上がることで出走馬同士の能力の差が小さくなり、勝ち馬を探すのが難しくなるのです。

競馬のレース階層

改めて、メインレースだけをやることに否定的ということではないのですが、こと収支を上げるという観点でいえば、実力の似た馬が多数揃うメインレースを当てるのは容易ではないのです。

新馬戦や未勝利戦は、実は当てやすい?その理由は。

意外に思うかもしれませんが、新馬戦や未勝利戦には、狙いやすいレースが多数存在します。

新馬戦は馬柱がほとんど存在しないことから、予想が難しいと思われる方も多いかもしれません。

しかし、レースに勝つことで、より強い馬同士がぶつかるシステムになっている競馬において、新馬戦や未勝利戦ほど、能力の差が大きなレースはありません。

新馬戦に関しては、過去のレースデータが一切ないため難しく思われますが、血統や、調教の情報などは、事前に確認することができます。

競馬は血統の要素が大きいため、例えば、兄妹に重賞タイトルを手にしている馬がいたら、それだけでその馬の価値は向上しますし、調教で条件馬やオープン馬と渡り合えている新馬がいれば、それだけで期待することができるのです。

これは、未勝利戦にもいえることで、クラス戦やオープン戦よりも能力の差が大きい状況では、馬券は非常に狙いやすいです。

メインレースが15時台に開催され、未勝利戦や新馬戦が午前中に開催されることが多いため、未勝利戦や新馬戦はどうしても軽視されがちですが、本気で収支をあげたいのであれば、未勝利戦や新馬戦にも目を通したほうがよいです。

馬券の収支を上げるレースの選び方3つのポイント。

馬券を的中させるために、レースの選び方は非常に大切です。

競馬予想に競馬新聞を導入されている方は、競馬記者が、一日の全てのレースに買い目印を打っているため、興味のないレースにも手を出したくなりがちです。

競馬予想新聞

しかし、しっかりと競馬記者の印を分析したら、的中していることよりも、外していることの方が多く、競馬予想のプロですら、馬券は的中させることよりも外していることのほうが多いことが分かります。

では、実際に、レースの選び方で的中率をあげるには、どのようなことを意識しながら取り組んでいけばいいのでしょうか。

的中率をあげるためのレースの選び方を3つ紹介していきます。

小頭数のレースを狙う。

最初に紹介したいのは、小頭数のレースに絞ることです。

競馬は、一つの競馬場で12レース開催されますが、レースプログラムを見ると、出走頭数はバラバラです。

フルゲート18頭で開催されるレースもあれば、12頭立てのレースもありますし、中には8頭や9頭といった、一桁のレースも存在します。

馬券の組み合わせは、出走頭数に応じて組み合わせ数が変化するため、小頭数であればあるほど、組み合わせ数は少なくなります。

例えば、18頭立てのレースにおける三連単の組み合わせは4896通り存在しますが、10頭立てのレースであれば、組み合わせは、わずか720通りになります。

頭数が8頭減っただけで、組み合わせ数を大幅に減らすことができるのです。

このように、出走頭数の少ないレースを積極的に狙うことで、間接的に、馬券の的中率を上げることができるのです。

能力の抜けた馬のいるレースを選ぶ。

レースには、様々な馬が出馬を表明し、馬の能力は馬柱を見ることで把握することができます。

その中でも、近走、好走を続けている馬もいれば、レース舞台にマッチした馬がいることもあります。

競走馬が勝つ瞬間

それらの馬は、出走馬の中でも能力の高い馬、もしくは、能力を出し切れる馬であると判断することができます。

競馬予想では、1着・2着・3着と上位入選する馬を探し出すことが一番大切なので、好走率の高い馬が出走するレースを積極的に購入することは、馬券収支において非常に大切です。

ただし、能力の高い馬が複数そろったレースは、強い馬同士で実力が似ている傾向があるため、逆にどの馬が勝ち切るか、見切るのは難しくなります。

強い馬がごく僅か存在するレースが狙い目となるのです。

走らないであろう馬が多数そろったレースを狙う。

逆に、削除式で、走らない馬を多数厳選することで、間接的に的中率を上げる方法もあります。

競馬新聞で消去の選択

例えば、フルゲート18頭立てのレースにおける三連単の組み合わせは、前述したように4896通りあります。

この18頭の中で、絶対に馬券に絡まない馬が10頭見つけられたとします。

その場合、残った8頭が馬券に絡む可能性があるので、組み合わせで見ると336通りまで抑えることができるのです。

競馬予想において、強い1頭の馬を探し出すのと、絶対に来ない馬を17頭見つけるのはある意味、同じことです。

競馬予想を行う際は、どうしても馬券に絡む馬を探しがちですが、絶対に馬券に絡まない馬をピックアップすることで、間接的に的中率を上げる方法もあるのです。

レースの選び方をしっかり行うことで、回収率向上につながる!

いかがでしたか。

本当に馬券で収支を上げたいのであれば、全てのレースに手を出すことや、メインレースだけを予想するといった買い方は、できるだけ避け、いかに、的中しやすいレースを見出せるかがカギとなります。

この記事のまとめ
  • 購入するレースの選び方は、馬券収支を上げる上で重要な要素。
  • 全レースを購入することや、メインレースだけ購入するといった考え方は改めたほうが良い。
  • 馬券は当たるよりも外れることの方が圧倒的に多いことからも、レースは厳選すべき。
  • 的中率を上げるためのレースの選び方としては、【少しでも予想しやすいレースを探す】【難しいレースに手を出さない】【メインレースにこだわらない】などの手法は有効。
  • 馬券収支率を上げるためのレース選びは、【小頭数レース】【能力が抜けた馬がいるレース】【走らないであろう馬が多数レース】が狙い目。

実際に、馬券で生計を立てられている方は、極稀に存在しますが、そのほとんどの人は、レースをしっかり選び抜いて、確実に回収率を上げることができるレースの馬券のみを購入しています。

しっかりとレースを厳選することが、回収率の向上につながるのです。

ここ最近、馬券収支が向上しない方は、多頭数レースではなく、組み合わせ数の少ない小頭数レースや、抜けた馬がいるレースを探してみるのも一考です。

当記事が少しでも、馬券収支の改善・向上に役立てたら幸いです。